水戸市で腰痛・寝違え・むち打ち・交通事故でお困りなら

茨城県水戸市元吉田1626

関東鉄道バス「台町」停留所目の前

施術時間

平日9:00~12:30/15:00~20:00
(交通事故は夜9時まで対応)
土曜・日曜 9:00~14:00
 ※火曜・祝日休院

 

半月板損傷

膝を捩じるのは危険です・・

半月板の役割

半月板は膝関節の間にあるC型をした軟骨で内側・外側にそれぞれがありクッションと膝を安定させる役割をはたしています。

グルグル動く股関節や足首と違い、膝関節は前後に曲げて伸ばす動きしかできません。

したがって左右や捩じる動きに弱く、スポーツなどでその動きを強いられると膝関節はダメージを受けてしまいます。

半月板が損傷してしまう原因

ほとんどの場合スポーツの現場などで、体重が乗った状態での捻りや衝撃によって発症します。

中には前十字靱帯損傷、内側の靭帯などに合併して起こるものとがあります。(合併した際は関節血腫を伴い、大きく腫れます)

スポーツ外傷の場合は瞬間的に捩じり+荷重のストレスにより半月板がすり潰されるように損傷しますが、中高年になると筋力低下やそれに伴う変性により日常繰り返す微細なストレスでも半月損傷が起こりやすくなります。

膝の捻れとは、膝の向きとつま先の向きが違っている状態で、足首の構造上膝は内側に捻りやすくなっているため、膝→内 つま先→外で捻れます。

スクワットや階段昇降などで膝が内側に入る人は要注意です

半月板を痛めないためには・・?

加齢とともに身長が縮むのは背骨の椎間板が薄くなる、あるいは骨粗しょう症で背骨が扁平になるが原因です。

半月板の椎間板のような軟骨なので、やはり加齢とともに水分量が減り、すり減りやすくなります。

こういった経年変化は防げませんが、膝を守るためには

・股関節と足首の歪みを取る

・下半身の筋肉の強化・柔軟性を高める

・日常でもスポーツでも膝とつま先の向きを揃える

・姿勢・立ち方に気を付ける

半月板は損傷してしまうと回復するまで時間がかかり、そのまま放置するとやがては変形性膝関節症に移行します。

また症状がひどい場合は半月板を手術により切除することもあります。

水戸市のMANA整骨院では、予防・早期回復を目指す意味で、運動療法・正しい動作の習得を加えた施術をしています。まずは水戸市のMANA整骨院にご相談ください

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

029-297-8240

受付時間:平日9:00~12:30/15:00~20:00

               土・日曜9:00~14:00

                                         (火祝を除く)

お知らせ

01年8月01日


「良い姿勢をつくるには」のページをupしました。
「腰痛と腹筋」のページを
UPしました。腰痛に腹筋運動は有効なのか?気になる人はご覧ください!
「呼吸と姿勢」のタイトルを「呼吸の重要性」に変え、
新たに「呼吸と姿勢」を加筆しました!
健康ニュース7,8月号できました!
8月のお休み
護身操法用のホームページが完成しました!お知らせからどうぞ!
ブログやってます!
 

MANA整骨院ブログ

MANA整骨院の院長が毎日を元気に過ごす為のヒントや情報などを 発信しています。 腰痛や肩こりに悩む人・・もっと動きやすい体に変えたいと思う人・・ 是非、ご覧になってください!

施術時間

施術日
 
午前×
午後×××
施術時間

午前 09:00~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜日曜は9:00~14:00

休院日

火曜日・祝日

お問合せはこちら

土曜・日曜日も施術

029-297-8240

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

MANA整骨院

お問合せフォームはこちら