水戸市で腰痛・寝違え・むち打ち・交通事故でお困りなら

茨城県水戸市元吉田1626

関東鉄道バス「台町」停留所目の前

施術時間

平日9:00~12:30/15:00~20:00
(交通事故は夜9時まで対応)
土曜・日曜 9:00~14:00
 ※火曜・祝日休院

 

打撲

打撲後に注意すべき事は・・?

打撲とは・・?

転倒や衝突などで強い衝撃を受け、皮膚下の組織や筋肉などが損傷されるのを打撲といいます。

打撲の衝撃が強いときは患部に腫れや熱感が出て、内出血を起こします。

打撲は骨折や捻挫よりは軽く見られがちですが、損傷した部位や内出血の程度によっては後に様々な症状を呈することもあるので注意が必要です。

打撲で気を付けるべきこと

 

打撲で気を付けるべき部位は頭部と腹部です。

頭部や腹部は直後よりも、しばらく時間がたってから激しく痛むことがあり、そういうときは脳や内臓の障害(脳挫傷や内臓破裂など)と合併している恐れもあるため、速やかに各専門医(脳神経外科・消化器科)の受診をオススメします。

また、手足の打撲でも内出血が強いと、周りの神経や血管を圧迫して、手足の麻痺や血流障害を来たすことがあるので(コンパートメント症候群など)そんな時もやはり専門医を受診しましょう。

次に気を付けるべきなのが骨化性筋炎です。

骨化性筋炎とは、打撲でできた血腫(血の固まり)にカルシウムが異常に集積し、骨の組織を筋肉内に形成してしまう症状をいいます。

打撲後の患部への刺激(マッサージなど)はカルシウムの集積の原因を作り、骨化性筋炎になりやすくなりますので、絶対NGです!

打撲後しばらくたったのちに関節がうまく曲がらない、筋肉が突っ張って痛いなどの症状が現れたら骨化性筋炎を疑います。

骨化性筋炎にならないためには・・?

関節が曲がらないのは筋組織内の骨化により筋肉が伸びなくなるためです。

骨化性筋炎を防ぐ上で最も大切なことは血腫を作らないということです。

そのためには受傷時の初期処置が非常に重要で、できるだけ早くRICE処置を施すことです。

・RRest、患部を安静に保つ

・IIce、患部を冷やす(湿布はNG)

・CCompression、患部を圧迫する

・EElevation、患部を挙げる)

水戸市のMANA整骨院では打撲部にスーパークリオを照射して急激に冷却し、圧迫固定して速やかに内出血の広がりを抑える施術をします。

その後、経過をみながら超音波に切り替え血腫ができないように努めます。

打撲をしてしまった、打撲の痛みが長びいている方は是非水戸市のMANA整骨院にご連絡ください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

029-297-8240

受付時間:平日9:00~12:30/15:00~20:00

               土・日曜9:00~14:00

                                         (火祝を除く)

メールでのお問合せはこちら

お知らせ

01年10月13日


「良い姿勢をつくるには」のページをupしました。
「腰痛と腹筋」のページを
UPしました。腰痛に腹筋運動は有効なのか?気になる人はご覧ください!
「呼吸と姿勢」のタイトルを「呼吸の重要性」に変え、
新たに「呼吸と姿勢」を加筆しました!
健康ニュース9,10月号できました!
9月のお休み
護身操法用のホームページが完成しました!お知らせからどうぞ!
ブログやってます!
 

MANA整骨院ブログ

MANA整骨院の院長が毎日を元気に過ごす為のヒントや情報などを 発信しています。 腰痛や肩こりに悩む人・・もっと動きやすい体に変えたいと思う人・・ 是非、ご覧になってください!

施術時間

施術日
 
午前×
午後×××
施術時間

午前 09:00~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜日曜は9:00~14:00

休院日

火曜日・祝日

お問合せはこちら

土曜・日曜日も施術

029-297-8240

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

MANA整骨院

お問合せフォームはこちら