水戸市で腰痛・寝違え・むち打ち・交通事故でお困りなら

茨城県水戸市元吉田1626

関東鉄道バス「台町」停留所目の前

施術時間

平日9:00~12:30/15:00~20:00
(交通事故は夜9時まで対応)
土曜・日曜 9:00~14:00
 ※火曜・祝日休院

 

股関節の左右差

股関節の柔軟性に左右差があると腰痛、股関節痛になりやすい

股関節は上半身・骨盤を支える大事な場所

人には利き手・利き足があります。

物を持つ側、作業する側、軸足になる側、スポーツなどで蹴る、踏み切る側等・・後天的な学習でその人の体の動かし方が決まってきます。

そうなるとどうしても左右差がでてしまい、それが体の歪みを生むきっかけになります。

特に上半身を支える土台となる股関節の柔軟性、特に左右差があると骨盤の歪みを引き起こし、全身に波及します。

腰痛はもちろん、膝痛や首肩にまで影響します。

腰痛の詳細はこちらをクリック

膝痛の詳細はこちらをクリック

首の異常に関してはこちらをクリック

股関節の左右差はなぜ起きる・・?

股関節の柔軟性に左右差がでてしまうのは、その人の立ち方、座り方、寝方に原因があるからです。(先天性股関節脱臼や骨折などの既往歴は除きます)

まずは仰向けに寝てみてください・・

その時のつま先の開き具合は同等ですか?左つま先がより開いているなら左の股関節が柔らかい=左右差があるということになります。

そうなる原因をあげると・・

・立っているとき右足に荷重している(休めの姿勢)

・段差は左足から(上げやすいので)上がる

・荷物を常に右で持つ

・右に足を流す横座りをする

・腰かけると必ず左足を組む

・仰向け寝のときに左足を4の字のする、あるいは右横向きが多い

などが考えられます。

左右差をなくすには・・?

股関節の左右差をなくすためには、まずは立ち方、座り方、寝方の偏りをなくすことです。

歪みはその人にとって楽な姿勢により助長されます。

ですので、しばらくはあえて苦手な形(立ち方、座り方、寝方)をとるようにましょう。

余裕があるなら硬い側の股関節のストレッチも併用して行いましょう。

水戸市のMANA整骨院では立ち方、座り方、寝方等の日常生活動作の見直しから股関節周辺を柔軟にし、筋肉を鍛える(ポイントは中殿筋です)リハトレ筋膜、骨盤の歪みを整える施術も行っています。

わからないことがおありでしたら水戸市のMANA整骨院にご相談ください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

029-297-8240

受付時間:平日9:00~12:30/15:00~20:00

               土・日曜9:00~14:00

                                         (火祝を除く)

お知らせ

01年5月1日

ヘッドマッサージの詳細はお知らせのページをごらんください
「呼吸と姿勢」のタイトルを「呼吸の重要性」に変え、
新たに「呼吸と姿勢」を加筆しました!
健康ニュース5,6月号できました!
5月のお休み
護身操法用のホームページが完成しました!お知らせからどうぞ!
ブログやってます!
現在お役立ち動画集が好評です!
  

MANA整骨院ブログ

MANA整骨院の院長が毎日を元気に過ごす為のヒントや情報などを 発信しています。 腰痛や肩こりに悩む人・・もっと動きやすい体に変えたいと思う人・・ 是非、ご覧になってください!

施術時間

施術日
 
午前×
午後×××
施術時間

午前 09:00~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜日曜は9:00~14:00

休院日

火曜日・祝日

お問合せはこちら

土曜・日曜日も施術

029-297-8240

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

MANA整骨院

お問合せフォームはこちら