水戸市で腰痛・寝違え・むち打ち・交通事故でお困りなら

茨城県水戸市元吉田1626

関東鉄道バス「台町」停留所目の前

施術時間

平日9:00~12:30/15:00~20:00
(交通事故は夜9時まで対応)
土曜・日曜 9:00~14:00
 ※火曜・祝日休院

 

椎間板について

椎間板のしくみや役割を理解しましょう!

椎間板とは・・?

体の骨格の中心に位置する背骨・・

その背骨は椎骨(ついこつ)という小さな骨が積み重なって(7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎と仙骨と尾骨)構成されています。

その1つ1つの椎骨の間にあるのが椎間板です。

椎間板は脊柱=背骨にかかる外力の衝撃を吸収・干渉するのと同時に、動きの支点となっています。

外側は線維輪(せんいりん)、内部は髄核(ずいかく)という組織の二重構造になってます。

椎間板は髄核内に水分を引き込むことにより適度の弾力性を維持しています。
 

椎間板の構造と特性

椎間板の中心の髄核の約80%は水分です。椎間板は適度に柔らかく、体の曲げ伸ばしの時に少しずつ変形して動き加重を和らげます。

例えば、体を前に曲げたとき椎間板の髄核は後ろに移動し、椎間板は前側が薄く後ろ側が厚く変形します。

座るという行為は一番腰に負担がかかります。上記のような座り方(椎間板の前側が薄く後ろ側が厚くなる座り方)が日常長時間続いたり、不良姿勢で物を持つなど無理な加重が加わると椎間板の線維輪を突き破り髄核が外に飛び出し神経を圧迫することがあります。

それが椎間板ヘルニアです。

椎間板は血管が内部に存在しないため、損傷するときわめて修復・再生しにくい組織であるといえます。

更に椎間板は老化の影響を受けやすく、加齢により水分量が減っていく為、薄くなり柔軟性がなくなっていきます。

知っておくべきこと

椎間板は加齢とともに誰でも等しく変性し薄くなります。

重要なのは、その椎間板に相応以上の負担をかけないということです。

すなわち・・

・不良姿勢を極力とらない

・正しい体の使い方をする

・筋力低下を防ぐ

ことが大切になります。

また、腰痛でレントゲンを撮った時に「椎間板が潰れているのが痛みの原因です」とか「椎間板がかなり減ってるのでこのままだとヘルニアになります」といわれることがあっても不安に思わないでください。

必ずしも椎間板の変性=腰痛=ヘルニアではありません。

むしろ不安から大事を取りすぎるあまり、活動が減ることで筋力低下を引き起こすなどの弊害が出ます。

水戸市MANA整骨院では、姿勢の改善・正しい体の使い方・筋力UPのリハトレも行っています。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

029-297-8240

受付時間:平日9:00~12:30/15:00~20:00

               土・日曜9:00~14:00

                                         (火祝を除く)

メールでのお問合せはこちら

お知らせ

03年3月3日


3月のお休み
「良い姿勢をつくるには」のページをupしました。
「腰痛と腹筋」のページを
UPしました。腰痛に腹筋運動は有効なのか?気になる人はご覧ください!
「呼吸と姿勢」のタイトルを「呼吸の重要性」に変え、
新たに「呼吸と姿勢」を加筆しました!
護身操法用のホームページが完成しました!お知らせからどうぞ!
ブログやってます!
 

MANA整骨院ブログ

MANA整骨院の院長が毎日を元気に過ごす為のヒントや情報などを 発信しています。 腰痛や肩こりに悩む人・・もっと動きやすい体に変えたいと思う人・・ 是非、ご覧になってください!

施術時間

施術日
 
午前×
午後×××
施術時間

午前 09:00~12:30
午後 15:00~20:00
※土曜日曜は9:00~14:00

休院日

火曜日・祝日

お問合せはこちら

土曜・日曜日も施術

029-297-8240

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

MANA整骨院

お問合せフォームはこちら